FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.02

ふたたび、奥州旅 in白石④

とうとう12月に突入しましたね~。
今年も、やっぱりあっという間に1年過ぎ去りそうです・・・(;´▽`A`` って
ここ数年、12月になると毎度言ってる気がします(笑)

まあでも、昨年あたりから少しずつ
自分のやりたい事をできる時間が増えてきたので
育児にいっぱいいっぱいで毎日カオスだった頃に比べれば
充実した一年を過ごせたかな~と(●´ω`●)ゞ

とにかく、あと一ヶ月!!
この旅行記の完結!・・・は、ムリそうですが  諦め早い(笑)
なるべく早い時期の完結目指して
少しずつでもコツコツと!(笑)進めていこうと思います♪♪

つうことで、続き行きま~す♪

しつこいようですが、好き勝手な感想交えて旅記事を書いておりますので
お付き合い頂ける方のみ この先お進みくださいませ~! m(_ _ )m
『片倉家御廟所』駐車場にチャリを止めた私は
ます案内看板で位置確認。
b14.jpg

b14-2.jpg
ここからちょっと離れた場所には
初代片倉様のお姉さまで政宗さまとも縁がおありの
喜多さまのお墓もあるということで
あとでそちらにも寄ることにして、まず『御廟所』へ。

案内板を見た限りでは
階段を登ってその先に『御廟所』だけあるのかと思ってたら
近所の方たち(だと思います)の墓地になってまして

ここ、暗くなったら絶対来られないわ~~ (;^_^A 肝試しスポット・・・

なんて思いながら、その脇をすり抜けて先へ歩いて行くと

b15.jpg
到着しました!(^^)ノ

b15-2.jpg
このような『御廟所』説明板もありまして
どこに何代目の小十郎さまが弔われているか書いてあるんですが
唯一女性では、藩主伊達家から片倉家にお嫁に来たお姫様のみ
こちらに弔われたようで

七代目の小十郎さんは、伊達の姫様をお嫁さんにもらってたんだー!!( ̄0 ̄;

7代を経ても、伊達家との深~い繋がりにちょっと感動しつつ
中に入って、中央の初代さまから順番にお参りさせて頂きました。

b16.jpg
中央から左手側

b16-2.jpg
中央から右手側

で、上の写真なんですが、周り明るい感じで墓所の様子がハッキリ写ってますが
実際はもうちょっと薄暗かったんです。

この暗さでちゃんと写るかな~(^^;

なんて心配しつつシャッター押したら
陽が入ってきてこうなりまして! 

あ、もしかしたら
常日頃の伊達主従スキーぶりが伝わって
『御廟所』の雰囲気がわかりやすく写るようにと
代々の小十郎様方が配慮してくれてんのかしら???(///∇//) 

勝手に自分に都合よく解釈してみました!(笑)
でもホント・・・不思議(^^;

b16-4.jpg
こんなところに下弦の月発見!!
悶えます~~( ´艸`)  

滾りつつ、一つ一つ見ていたら
b16-3.jpg

新しい石材で作り直されているものも・・・。
きっと震災で壊れてしまったんだろうな~と胸を痛めつつ、撮影。

ひととおり見学した後、今度は喜多さんのお墓にお参りすべく
チャリでちょっと移動する為に駐車場にもどって
カバンの内ポケットから取り出した鍵をチャリの鍵穴に差し込むものの・・・

鍵が開かな~いっっっ!!!Σ(=◇=;) 

えー!!なんで?なんで~?? (((( ;°Д°))))

ちょっとパニックになりつつ、何度かやってみるものの
どうやっても鍵穴にうまく差し込めず、もちろん鍵は開かないまま・・・( ̄ー ̄;

おかしいな~。
チャリ借りた時、係りの方は特別何か操作することなく
すんなり鍵差してたのに、ナゼっっ???ヽ(;´Д`)ノ

焦る心を抑えつつ、ちょっと考えてみたら

アレ・・・?ちょっと待て!
この鍵、荷物預けたコインロッカー鍵じゃね!?(==;

もう一回、カバンの内ポケット探ったら・・・

もう1つ、鍵をはっけ~~~んっっ!!!!
そしてすんなりチャリ鍵解除成功~~~~!!!! (ノ´▽`)ノ ⌒(アホ!)

営業回り中にココに車を止めて車内で休憩をしていたと思われる
会社員のおっちゃんに、この一部始終を見られていたという事実

なかったことにして(爆)

颯爽とチャリを走らせて、すぐに着きました!
b17.jpg

b17-2.jpg
コチラの階段登って、早速お墓へ!!
市内観光に付き合ってくれた、白石駅レンタサイクル23号も
記念に入れて撮影(笑)


b17-3.jpg
さらにもう少し登ると見える「喜多子」さんのお墓!!  
正式には、喜多さんじゃなくて喜多子さんなんですかね??

b17-4.jpg
伊達にとても縁のあるお方だったからか
お墓に伊達家紋(三つ引両紋)が入ってました!\(゜□゜)/

この時代、本当にいいとこのお姫さまでもない限り
女性は後々にまで残るきちんとしたお墓なんて作ってもらえないでしょうし
さらに、お墓に伊達の家紋まで入ってて
やっぱり喜多さんは、当時伊達に仕えた女性衆の中でも
別格だったんでしょうね~。

まあ、政宗さま&初代小十郎さまに与えた影響を考えれば・・・当然なのかもですが( ´艸`)

双竜
後世の女子が滾りまくるいいオトコ♪に育ててくださって
本当にありがとうございますっっ!!!! (。-人-。)

伊達主従スキーの皆様の分もお礼申し上げつつ(笑)お参りして
その場を後に致しました。

そしてまた、地面に足がつかないチャリにまたがって
なるべく止まらないで済むようにしながら(;^_^A 
今度は『白石城』へ向かって走り出しました~♪ (ノ´▽`)ノ ⌒(つづく!)
関連記事
コメント
順調に更新中ですね~。
すでにその4て・・・追いつかれた(((( ;゚Д゚)))

5年前は行ったんですが、今回は廟所行けなかったんですよー。
時間が合ったら行こうと思ってたんですが、祭りに時間かかっちゃっいました。
ときこさん、一人で行けるなんてすごい!
いくら小十郎が眠っているとはいえ、私一人だったら恐ろしくて行けない・・・。
愛ですね!

喜多の墓は始めてみましたー。
片倉じゃなくて伊達家紋なんですね!
伊達家に大切にされていた・・・というか小十郎や政宗にすら恐れられていたという妄想しか浮かばない(;´▽`A)
双竜がお世話になっているのに今まで無視していてごめんなさいっ!
私の分までお参りありがとうございますw

結構じっくり白石観光されたんですね!
続きも楽しみにしてます!
私もがんばろっと!
アオイdot 2012.12.04 00:43 | 編集
コメ、ありがとうです~(^^)

更新、いちよう順調・・・なのかなぁ??(笑)
でも、当初の予定では白石編をすでに終らせてるハズだったんですが
今度は自分が体調不良気味で、停滞しとります~(^^;

できれば年内完結したいんですけど・・・
どーなることやら~~~┐( ̄ヘ ̄)┌ (←他人事)

アオイさんは今回廟所には、行かなかったんですね~。
私も去年は祭りで手一杯で、ここまでは行けませんでした。

この日は、ホント~に静かでひと気もなく、木々もかなりうっそうとしてて
独特の雰囲気でしたが
まだお昼過ぎで明るかったので、1人でも大丈夫でしたよ!
というか、日が高いうちじゃないと1人で行くのは絶対無理だろうと踏んでたので
一番初めに行っておきました~♪(笑)

私も喜多さんは、双竜からしたら鬼よりコワイ存在だったのだろうな~と
思っとりマス(笑)
でも、このお方なくして、双竜なし!!ですので
きっちりお礼をしに行って参りました(^^)

アオイさんも「がんばる!」というお言葉いただけたので
私も、完結めざしてがんばります~!!!(^^)ノ

小政とりっぷの更新・・・た~~~のしみにしてますね~~~!!! ←ここでも尻叩き(笑)

ときこdot 2012.12.07 01:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。