FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.03

レッツパーリィ! in 不忘閣 :完!

やっと…やっと…

終わったぁぁぁぁぁぁぁ!!! ・°・(ノД`)・°・ (感涙)

今年1月から書き初めて
いや~、まさか半年もかかるとは思ってませんでした… (-"-;A
 アクシデントはあったけど… 

そして今回も
結局またまた長くなってしまい (;´∀`) 何日かかったかしら…
やっぱり2分割して(笑)、前半だけで一回記事更新しようかと迷いましたが

一記事の文字限界まで挑戦するのも悪くないかと
途中から思い初めまして  なんで?(^^;

そのまま最後まで書いてしまいましたー!!(ノ´▽`)ノ ⌒(爆) 


でも、これでも制限に引っかからなかったので
一記事にこれくらい書いても大丈夫…らしいです! (∩´∀`)∩ ご参考までに(笑)

まあ、今回後半は画像が大半なので
文字数はそんなにないからかもしれませんが

とにかくこれで 『不忘閣編』終了でーす!!  (iДi) 長かった… 

では、いつものように
好き勝手書いてる上に 腐れ系話も入っておりますゆえ
不快に思う方は、この先の「続きを読む」へは進まないで下さいませ~!! <(_ _)>

では、お読み頂ける方のみ ど・う・ぞー! (^∀^)ノ




派手な足音が響き渡らないよう気を付けつつ
 由緒ある古い木造建築の廊下に私の体重で穴あけたら大変ー!(ノ´▽`)ノ ⌒(笑)

さっき朝食を頂いた食事部屋から廊下の先へ先へと急ぐと

入口
御殿入口に無事到着ーー!!  (*´Д`)=з

奥から”ミシミシ ミシミシ”と見学者が歩いている音と
御殿内部の説明をしている宿の方の声が聞こえてきて
まだ絶賛!ツアー開催中(笑)なことに安堵し
早速追いつこうと、中に入ると 

廊下  長っっ!!!Σ(゚Д゚;)!

想定外の長階段登場!
すでに運動不足が祟って、ちょいと息切れ気味の私の心は
一瞬打ち砕かれそうになりましたが

これくらいでめげてるようじゃ
真の伊達主従スキーとは認めねぇ!

オレと小十郎の『愛の巣』を見たかったら
気合い入れてここまで駆け登ってきやがれっ!!! (▼Д´)ノ


どこからともなく
筆頭にハッパかけられたような気がした (*´Д`)  …ので    ※空耳です (∩´∀`)∩

めげずに(笑)一気に長い階段を駆け上がろうとした
その途中に

旗 こ、こ、これはー!! ∑ヾ(゚∀゚;)ノ

N○K大河ドラマ放送時に作られたと思われる
年季の入りすぎた(笑) 『独眼竜政宗』のぼり発見っ!!!
  ざっと…30年近く前の…?(^_^;)

ドラマ放映当時は、青根温泉周辺のあちこちに
この「のぼり」がはためいていたんでしょうか~??

ドラマ化記念で長年大事にとってある…(*´ω`*)というより
置かれ方からして、ただ単にここに放置されてるだけ(爆)っぽいですが

ちゃんと伊達家紋が入っているのにしっかり萌えつつ(笑)
ドラマ放映当時はやっぱりここも盛り上がったんだろうな~と
当時に思いを馳せながら( *´艸`)
さらに階段登ると御殿内部に出まして

そこの階での説明が終わり、上の階へと移動中の
見学ツアー御一行様発見ーー!!! ヽ(゚◇゚ )ノ  やった!

気になってたツアーのメンツをチェックしてみると
史実スキーのオッチャングループ全8名60代のご夫妻のみ!! 
 女子グループは皆不参加なのね、やっぱり… (;・∀・)

きっと、このメンバーからして
皆さん集合時間10分前くらいには集まっていて
その後、誰も来る気配がなかったから
見切られて、時間ちょい前にツアー出発したのだと想像され… (;´∀`)

やっぱり
集合時間ギリギリに行くのって よくないっすね!!(-_-;) 今更…  

特に、宿泊客が少ない場合は遅くとも
集合時間5分前には、集合場所に居るよう
強くオススメ致しま~す!!! (;´∀`)ノ   ←ドアホ(爆) 
つーかこの5分前行動は、社会人の常識だって、昔 社員教育中に言われたわ…(遠い目)

階上へと移動するツアーに、早速付いていく 前に!!(∩´∀`)∩

部屋4

ツアーに追いつく前に説明してたのを盗み聞いた(笑)
伊達ランチボックスセットを逃さず激写ー!!!  ヘ(゚∀゚*)ノ 

いや~、さすが殿様弁当だけあって
おかずがたくさん入りそう!! (*´ω`*) 食いしん坊万歳っ!!(笑)

きっと料理上手だった政宗公のことだから
小十郎に食べさせたいと美味しいモノをいっぱい作って、いそいそ詰めて
愛妻弁当として使っていたかも・・・
いや!使っていたに違いな~~いっっ♪( *´艸`)
 
  ←個人的見解です!(笑)

ツアーに無事に追いついて
妄想スイッチ(〃∇〃)が入ったところで(笑)

この階のもう一つの見どころ!!
ガラスケースに入った数々の書状・・・ ではなくて   えっ!? (▼∀ー;)

部屋1

その奥の部屋の…雰囲気の怪しさだーーーっっ!! (*´Д`)ノ

そこの部屋、前画像のランチボックスセットが展示してあった部屋なんですけども
この位置から見たら、部屋が奥まってるせいか
なんだかちょい暗めで  わざわざ電気着けてあるし( *´艸`)

双竜がひっそりと籠るにはもってこいの部屋じゃね!? ヘ(゚∀゚*)ノ

そう思ったら、もうね!
あそこに籠ってイチャコラしてる伊達主従の図しか
脳内に浮かばないわけでして!!!(笑)  (*ノωノ) イヤーン!!

  ヽ(#▼Д´#)ノ 勝手に想像するなー! ヾ(#`Д´#メ)ノ

つーことで、ここでも妄想爆発しつつ(笑)
こちらも、もれなく激写(?)した後
すぐにツアーを追っかけて、私も階上へ!!

部屋3

奥に展示してある甲冑は、政宗公ではなくて
お父上の『輝宗公』の鎧だそうで、黒基調に3種の糸で作られていて
素敵な甲冑でした~ (*´ω`*)
手前は当時のお化粧セットで、この画像ではわかりにくいですが
「九曜紋」入りでした♪♪

部屋2
さらに隣の部屋には、屏風や書状、そして!!

フッカフカ(と、思われる)座布団が置かれている 御殿の上座っ!!! (*'ω'*) 

こちらに政宗公がお座りになられて
書状が置いてあるあたりに小十郎が控えていて
きっと、ここからの景色をよく二人で眺めたりしたのでしょう~~~~!!! (●´ω`●)

そして、私が宿泊部屋で
竹林に邪魔されて夢破れた   詳しくはコチラ(笑)→ 
仙台市街まで見渡せる景色を眺めながらの
イチャイチャする伊達主従妄想(´艸`*)をするなら

ここしかないでしょっっ!!!!!(笑)  ヽ(*´▽`*)ノ

さあ、伊達主従スキーが滾る
その景色を存分に見せてくれたまえ~~~~!!!  ヘ(゚∀゚*)ノ

景色
 紅葉キレイっす…(*´ω`*)♪

ああ…
今まさにあの二人が見ていたであろう同じ景色を
自分もここで見ているのだと思うと…
 鼻血 出そーう!!! (///∇//)ノ   ←変態丸出し(笑) 

まあ、正直なトコロ
当時の御殿は明治の頃に消失してしまい
現在の御殿は昭和に入ってから再建された建物だそうで
実際に政宗公 (と、小十郎( *´艸`)) 
使っていたワケではないのですが

当時ちゃんと御殿はあって
政宗公 (と、小十郎( *´艸`))が逗留したという事実があれば
後は脳内で十分補完できるので

これでいいのだっ!!(笑) (∩´∀`)∩

つーことで(?)心おきなく妄想に浸っておったところ

ツアー引率していた女将さんより
「もう、展示品に(ほこりよけ)カバーを掛けてもいいですか?」 (´▽`)

話しかけられたので、ふと我に返って周りを見回すと

60代のご夫婦はとっくに御殿を後にされたようで姿なく
さっきまで女将さんと談笑していた
史実スキーのオッチャンたちがぞろぞろと階段を降りて戻って行く姿が目に入り

御殿でのんびり2828してる変態は(笑) 
もう、私だけ~~!!! (;´ω`)ゞ 皆さん結構あっさり見学ですね… 

もうちょっと御殿の雰囲気を楽しみたかったのですが (いろんな意味で(笑))
ただでさえ、遅刻してのツアー参加だし 
ボッチで長々居座るわけにもいかず(^^; 
名残を惜しみつつも、これで御殿ツアー終了~~!!

でも、戻る途中もう一回階下で
「怪しい部屋とランチボックス」( *´艸`)を再度見せて頂き
またまた妄想しつつ(笑)御殿を後に致しました~!  
女将さん、ありがとうございました!! <(_ _)>

そして、この後
チェックアウト時間まで温泉街散策に出かけまして
まず前日、宿に着いた時に寒くて撮影できず
以前の記事で「翌日撮影したのを載せます!」宣言した 
間があきすぎちゃって誰も覚えてないよね~(;´∀`)

宿入口

正面

宿の正面玄関(上)と道路側からの宿入口(下)がコチラ!
外看板にキッチリと『伊達六十二万石の宿』って書いてあるのが素敵です♪♪ (*´ω`*)

宿からほんの少し歩くと『青根温泉』の解説案内板 発見(゚∀゚)ノ

看板1

要するに…
代々の伊達藩主が入浴した「御殿湯」があった
歴史ある温泉ということで!! (´∀`)ノ
  ←ざっくりしすぎな まとめ…(^^;

そして、看板のすぐそばには気軽に立ち寄れる「足湯」があったのですが
足湯1
残念ながら「足湯」があることを知らず、タオルを持参しなかったので浸からずに (´∀`;)ゞ
さらに先へ行ってみると

青ガイド

宿案内板発見!! (∩´∀`)∩

宿泊した『不忘閣』も含む温泉内の宿説明が載ってましたが
私が喰いついたのは
伊達家の愛した青根温泉』のフレーズ!!

違う!違うよ!!(≧◇≦)
そこはやっぱり
 伊達主従が愛を育んだ青根温泉』でしょーー!(//∇//)ノ 

一人案内板に向かってツッコミ大会(笑)していたら

 「電話ですぞ!!
 電話中の貴方の背中は この小十郎がお守りするっっ!!!」 ヾ(#`Д´#メ)ノ


このタイミングでいきなり
携帯の小十郎Ver電話着信ボイスが鳴り出したので 驚きつつ Σ(゚Д゚)

昨晩からあまりにも腐妄想ばっかりしている私に怒って
もしや片倉さんが抗議の電話でもしてきた!? ( *´艸`)

妄想ワールドから抜けきっていない私はそんな事を考えつつ
小十郎ボイスを聴けるなら…怒られてもいい!!(笑)

慌てて発信元見たら…

旦那からだった!!! (ノ´▽`)ノ ⌒(爆)  なんだ!!(笑) 

あれ? でもメールじゃなくてわざわざ電話してくるなんて…緊急??? Σ(゚Д゚)
もしかして、子供らの誰かが病気になったとかで
 「もう、旅行は打ち切ってとっとと帰ってきて!!」 (ノД`)・゜・。 とかいう
不幸のメールならぬ、不幸の電話だったら

どうしようっっ!!!(((( ;°Д°)))) 

とっさに現実に引き戻され
ガクブルしながら「もしもし?」(;´Д`)と電話に出たら

旦那 「あのさ~、食器洗い洗剤の詰め替えが見つからないんだけど
    どこに入ってんの??」 (^▽^;)


…そんなことかよっっ!!!(笑)

ガクブルって損したわ!(;^ω^)
心の中でツッコミ入れつつも安堵しながら、洗剤置いてある場所を教えたあと

私  「子供らは、変わりない?」(*´ω`*)
旦那 「あ~…
    いつものようにすでに好き放題 散らかしてるよ!」 (´∀`)ゞ


  「!!」 Σ(゚д゚;)!

我が家のヒドイ現状がすぐさま脳内に浮かび
さらに帰宅後、ため息つきながら
数日間、片付けに追われる自分の哀愁漂う姿が容易に想像できて
楽しい旅行気分が一気に吹き飛びそうになりましたが (=_=;

すぐに そんな脳内イメージに蓋をして(笑)
気持ちを切り替えた後、散策を再開しまして!! (∩´∀`)∩ 私は何も知らな~い!!(笑)

宿案内板にいた時から視界に入っていて
近くの温泉街の雰囲気から…ちょっと浮いている(^^;

古い洋館がポツンと建っていたのが気になって
「なんだろう??」(゜o゜)と近寄ってみたら

古賀
昭和歌謡界に多大な功績を遺した作曲家
『古賀政男』の記念館でした!! Σ(・ω・ノ)ノ!

なぜ、出身地でもない(たしか、九州のご出身)
『青根温泉』のこんな片隅 (失礼!(^^;) に古賀記念館があるのか…
とっても不思議だったのですが (;^_^A
もしかしたらこの温泉を気に入って、よくこちらへ滞在していた縁とかで
記念館作ったんでしょうか…???

それとも、こちらにゆかりある
同姓同名の別人の記念館??? (;^ω^)


中に入れば、真相が分かると思われましたが
残念ながら、館内には誰もおらずドアも締め切られていた為
博物館見学をあっさり断念したので
真相はわかりませーん!!!(爆)

どなたか知っておられたら…こっそり教えてください♪( *´艸`)

さらに、ここからちょっと行くと
日帰湯
日帰り専用温泉施設『じゃっぽの湯』がありまして
まだ朝早い時間ながら、どんどん車がやってくるのを見て

地元の方はいつでも 気軽にこんないい温泉に入りに来られるなんて
いいな~~ (*´ω`*)


うらやましく思いながら、時計を見ると
そろそろ宿に戻らねばならない時間!! (;^ω^) おおっと!

来た道とはちょいと違う道を選んで
他のお宿の脇をすり抜けて回り道しながら戻る途中
足湯2
温泉街の外れにあった、もう一つの足湯「朝日の湯」を見て

「確かにここらあたりからだと、朝日が登るのを拝めそう~♪♪
 政宗公はそれを見越して、小十郎と一緒に朝日を拝みながら湯に入りたいと
 ここらにこっそり浴場とかつくっていそう~!!」( *´艸`)


最後まで しっかり!(笑)
朝日を見ながらイチャイチャするであろう伊達主従妄想(*ノωノ) を楽しんでから
宿に戻り
看板2
昨晩は暗くてわからなかった、宿泊した建物「不忘庵」の文字が
筆頭カラーだったことに気が付いて 驚喜しつつ (≧◇≦)ノ なんという偶然!

部屋までの長い階段を名残を惜しみながら往復した後 (´Д⊂ヽ さよなら~!
午前10時前に遅れることなく無事に(笑) 帳場にてチェックアウト!して

この後、昨日迎えに来て頂いたところと同じ
蔵王ロイヤルホテル前のバス停から、今度は仙台行の高速バスに乗る予定で
この日もそこまで送って頂けることになってたんですが

バス発車時間に合わせて宿を出るまで、ちょっと時間に余裕があり

「時間まで休憩室でお茶でもお飲みになって、待っててください」(´▽`)

そう言って下さった、女将さんのご厚意に甘えて
御殿外観

お休み処からの『青根御殿』を仰ぎ見つつ
お別れのコーヒーを一杯頂きながら

また絶対妄想しに来ます~!
来ますね!政宗公&片倉殿~~!! (∩´∀`)∩ 
 
 ←最後まで、懲りない(笑)

熱く滾る誓いを胸に秘めた(笑)ところで

とうとう出発の時間~~!!  (TωT) 名残惜しい…

指定された宿の車に乗り込もうとした その時!! Σ(゚Д゚)


騎馬像

車が止めてあったすぐ後ろのスペースに、最後の最後になって
政宗公騎馬像ミニチュア版があるのを発見っっ!! \(≧◇≦)/ さすが伊達ゆかりの宿!

しっかりきっちり(笑)写真撮影させてもらい
ミニ騎馬像の政宗公にお見送りされつつ ( *´艸`) 贅沢!

伊達主従スキー垂涎の宿
『不忘閣』を後にしました~!!!  
(´Д`)ノ さよーなら~~!!


で、昨日寒いけれど
ちょっとした事情からホテル内に入れずに小走りして暖をとっていた(笑)ホテル前で
降ろして頂き  詳しくはコチラ(笑) → 
送って頂いた女将さんから

「また機会がございましたら、ぜひ当館をご利用くださいませ」(*^▽^*)

ご挨拶頂いたので
昨晩から いろいろ(*ノωノ) ←(笑)
楽しい思いをさせて頂いたお礼を目いっぱい込めて

「はい!また是非お邪魔させて頂きますっっ!!
 その時はまたよろしくお願いしますっ♪」 (≧▽≦)


気合い十分で返答した エエ年のおばちゃんに
女将さんはちょいと驚かれておりましたが  当たり前!(^^;

 「それはそれは、ありがとうございます!
 次回もお待ちしております!!」 (^▽^)
 


爽やかに切り返されて、さらに!

「バス出発まで、外にいると冷えますので
 遠慮せずにホテルロビーに入ってお待ちくださいね!」


そう言って去ってゆかれまして…

あちゃー!
昨日のホテル前の不審行動、しっかり見られてたかっっ!! (;^ω^)ゞ


さすが、伊達家ゆかりの宿の女将は
伊達じゃねえ!!!(笑)   ヽ(*▼ω^)人(^ω^メ*)ノ

感心しながら(?)
この日はホテルを出入りしているチェックアウト客にまぎれて
ちゃっかりホテルロビー内に入って土産屋を見つつ
少しの間、バス待ちし( *´艸`)

時間通りに来た高速バスに乗って

いざ!! 仙台へー!!! ヾ(@^▽^@)ノ

この日の目的地へ向かって出発したのでした~~!!! (ж>▽<)ノ


ということで、これにて
 『不忘閣編』 なんとか <完>! (;´▽`A``  この後続き…どうしよ?(笑)

関連記事
コメント
今回もご丁寧な
コメントありがとうございました!(*´ω`*)

一緒に旅を楽しんで頂いたた気分になって頂けたというお言葉…
感無量でございます!!
もうほんとにね…勝手な感想…というか妄想ばかりでしたが
お楽しみ頂けたのなら幸いで~す(#^^#)

仙台編…じつは一昨年も行ったこともありまして
ネタ被ってるとこもあり(笑)
どこまで記事にしようかと迷っておりますが
とりあえず最後まで書いてみようかという気持ちはあるので
また良かったらお付き合いくださいませ~ <(_ _)>
ときこ→拍手お返事:篠村さま♪dot 2013.07.16 01:30 | 編集
お久しぶりでござります~<(_ _)>
コメントありがとうございました~!(*´ω`*)

長々と引っ張ってしまいましたが
楽しんでいただけたようで、良かったです~♪♪

今年もこじゅ祭、行かれるのですか~?
もう、ぜひぜひ宿泊なさって
妄想ザンマイなさってください!!(笑)

ただ、宿まで距離あるのが難点ですが…(^_^;)

確か「不忘閣」を知って、宿HPチェックしたのが
昨年のこじゅ祭の一か月前くらいでしたが
そのときすでに、祭りの前後は満室だったと
記憶しておりますので

お泊りなさるなら、先手先手で
是非、予約ゲットなさってくださいませ~!!

白石旅、楽しんできてくださいね♪♪ ( *´艸`)
ときこ→拍手お返事:がらさま♪dot 2013.07.16 01:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。