FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.28

1年経過です

Category: 閑話
ちょうど本日…
右目が網膜剥離をおこして緊急手術してから一年たちました。

といっても、一年前の今日にいきなり剥離したわけではなく
遡ること4日ほど前から
冬なのに家の中で小さい虫が飛んでる…(・・;)
なんて思ってたら
それが虫ではなく自分の右目にだけ見える小さい黒点だとわかって
気になってネットでちょっと調べてみたんです。

そしたら「飛蚊症」という症状だとわかり
そして、この症状が出る一番の原因が…

目の老化!  Σ(◎_◎;) ガーン !!

正直、ショックを受けたものの
眼科で相談すれば
この症状を改善したり、進行を遅らせたりできるってことだったので

…まあ、もう40過ぎたし
体もあちこちにガタくるのは覚悟しなくちゃな~… (;´∀`)


これ以上ひどくならないうちに、今度眼科へ一度行ってみようなんて
自分の右目ががかなりマズイ状態にあることを知らなかった私は
のんきに考えていたんですが

実は私がたまたまアクセスしたサイトには、運悪く
私のような近視歴が長い人が急に飛蚊症になった場合
要注意であるってことが
記載されてなかったんです… (´▽`;

なぜ要注意かというと…その場合高確率で
網膜剥離の前兆であるから…らしく (;´∀`)
飛蚊症の段階で眼科に駈け込めば、剥がれそうになっている網膜を
レーザー治療ですぐに治すことが可能だけれど
一旦、剥がれはじめてしまった場合は、手術するしか方法がないそうで
さらに、剥がれた範囲が広くなればなるほど
手術しても元の視力に戻るかどうかの確率が低くなり
最悪、失明する場合もあるから

刻も早く眼科へ行って検査すべき!!!

あの時「別のサイトも見てみよう!」なんて思って
あちこち回ってそのことを私が知ることができていれば
間違いなくすぐに眼科へ行って、検査受けたんですが…

結局、なんだかんだと用事が入り
「あれ?右目の左下の方…そこだけ、なんかぼやけるな~」(・・;)
なんとなく異変に気が付いたのは、サイトを見てから2日後の
眼科の診療が終わった、土曜の夕方…。

それでもまだ、ちょっとぼやけるくらいだし…
もしかしたら目が疲れてるだけかも…
なんて、月曜に眼科へ行けばいいや~と
能天気に考えて

週明けの月曜
一年前の今日の午前中 眼科にて
右目 「網膜剥離」と 診断され
それも上側から剥がれていたので
重力にひっぱられることもありかなり進行が早いそうで
   下側だと一か月たってもそれほど剥がれないそうです (^^;

「これ、ホントにマズイ状況です。
なんで、異変に気づいた時にすぐ来なかったの~!?」 (*_*;


いい歳して、先生に怒られ(笑)
とにかく、これ以上剥離が進行したら手術しても今のように見える確率が
どんどん下がってしまうから

今から緊急手術の要請をするので
すぐに病院行ってください!!!
 \(≧▽≦;)

とはいえ、すぐにと言われても
手術後は早くて一週間の入院が必要ってことで
会社にいる旦那にその間、どうするか相談せにゃならんし
とりあえず、幼稚園に行ってる下息子の迎えを誰かに頼まねばならんし

てなわけで、走ると衝撃と重力で剥離が進行しちゃうからって注意されて
ゆっくりゆっくり家まで歩いて(笑)
ウチは二世帯住まいなので、義両親にワケを話して子供らの事を頼み
旦那にはとりあえずメールいれて、入院の支度をささっとして
休む間もなく
これ以上剥離が進まないように、いつもはお金がもったいないと(笑)
乗らないバスで駅まで、そして電車に乗って
眼科の先生が連絡してくれた、都内のある大病院へ向かいました。

着いたとたんすぐに診察&メディカルチェック、手術内容の詳細説明を受けて
いくつかの書類(手術承諾書等々)にサインしたあと

はい、さっさと手術しますよー!! (≧▽≦)ノ

病院到着後、一時間もしないうちに
手術準備室に入ってました(笑)

で、そこで執刀医の先生がいろいろ計器つけたり麻酔の準備してるときに
いろいろ話しかけてくれたんで
私もついでにあれこれ質問してみましてですね…

私 「私みたいに、頭を強く打ったりしたわけでもなく
   急に網膜剥離になる人って多いんですか?」

先生 「近視の人は目の構造上、どうしても剥離しやすいので
    切羽詰ってときこさんみたいに駆け込み手術になる人、結構来ます(笑)」

私 「そうすると、近視の人は誰でも剥離する確率高いってことですか?」

先生 「いや、若い人はそうでもないんですよ。
    やっぱり…目の老化ですかね~」(´▽`;)

なんだよ!
やっぱりなんだかんだで
老化が原因なのかよーっっっ!!!
 (;^ω^)


そして、この症状がでるのが多いのは50代だと聞いて
手術前に追い打ちで更にショックを受けつつ ←(笑)

目の筋肉、麻酔効かないから
ひっぱりまわされると痛いんじゃー!!! (;´Д`)ノ


心の中で執刀医の先生を罵りつつ  だってシャレにならない痛さだったんですよ…

耐えに耐えて、1時間弱で手術終わり
その後、病室に戻ってしばらく安静にした後
お岩さんのように晴れ上がった右目の痛みをこらえつつ
遅い夕食をとり、手術中に

「会社早退した方がいい?今から行った方がいい?」

メールしてきてくれてた、旦那に

「もう手術終わったから、今日は来なくていいです。
 それより、子供らよろしく!!」

子供らの世話、丸投げメールを返信したあと
痛み止めもらって、薬が効くのをじっと待ちつつ
寝たという

昨年の1月28日は、そんな一日でした… (;´Д`)=з

そして、いろいろあった(笑)結構キツイ5日間の入院生活の末
回復がいいからと、予定より早く退院でき、定期検査にも通い
今の所、再発することなく一年経過となりました \(^o^)/

とりあえず(?)今回は右目のみで済みましたが
剥離する人は、両目に症状が出ることが多いそうなので
今後も油断せずに、右目はもちろんのこと左目も注意して
過ごしていこうと思っています。

今日も一日、両目で家事に趣味に
BASARA4(笑)を楽しめたことを感謝しつつ… (*´ω`*) おやすみなさい♪


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。